じゃが芋植えました!

2月24日(日)にじゃが芋の種植えを行いました!
この畑、今年から新しくスタートする「あぐりの畑」です。伊都安蔵里からは車で10分ぐらいのところにあります。
何を植えるか、農家の宍戸さんに相談しながらようやく畑の設計図が完成。何せ1年目の畑、予定通りになるかどうかはわかりませんが、これから楽しみです!
今回、ボランティア募集をしたのですが、集まったのは2人+公門+宍戸先生の4人。1人の作業量がちょっと多くなるなと思いながら(とはいえそんなに大したことではないけれど・・・)、じゃが芋の種植えを行いました。種類は皮が赤いじゃがいも「マゼラン」、長崎で育った「デジマ」、原種がイギリスで俵型の「メークイン」、この3種です。

マゼランは皮が紫色、中は黄色のしっかりとした煮崩れしにくいじゃが芋です。

デジマは北海道生まれの長崎育ち、名前は長崎の出島から取ったものです。春作、秋作共に収量が多く、大芋になるそうです。肉質はやや粉質で荷崩れしやすく、肉じゃがやサラダ、揚げじゃがなどに適してします。ほくほく系のお芋ですね♪楽しみです!

メークインはよく見るかと思いますが俵型で煮崩れしにくく、カレーやシチューなどにお勧め。

じゃが芋は、30cm間隔で穴を掘って種イモを植えていきます。まっすぐ植えられるように紐を張って。

1列130個ぐらいの芋を植えていくので座りながらの横移動は結構足腰にきますよ(苦笑)
宍戸先生は畝立てを・・・これ、慣れた人がやらないとまっすぐきれいな畝ができないのです。

お昼を食べた後も1時間ぐらい作業して今日は終わり。3時間ぐらいでしたがちょうどいい作業量かな!?

今日は天気も良くて農作業には最適でした。これからごぼうやにんじんなど・・・いろいろ植えていく予定です。作業にご興味ある方はまたお問い合わせください♪

もんちゃん, スタッフブログ

一言どうぞ