七草粥

今まで七草粥を食べたことがなかった気がします・・・記憶にないです・・・。
本来1月7日に七草粥を食べるという風習がありますが、お正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為、そして一年の無病息災を願って食べられるそうです。健康に気を使う年頃になったせいか、七草粥を今年は食べようかという気持ちになりました。こういう昔からの風習を守って、1年を過ごすというのも何だか気持ちがいいものです。

七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロのこと。今はこれがパックになって販売されているので便利ですよね。1つずつ効能をみてみると・・・

セリ
カロテン・ビタミンC・鉄・カルシウム・カリウムなどを含んでおり、
健胃効果・解毒作用・風邪予防・貧血防止、免疫力を高めて感染症を予防効果があります。
香りには健胃効果や食欲増進、発汗作用も。

ナズナ
別名シャミセングサ、ペンペングサ。効能は健胃・解熱・利尿・下痢止めなど。ビタミンAも豊富です。

ゴギョウ
別名ハハコグサ。効能は咳止め・去痰・扁桃腺炎予防など。

ハコベラ
別名ハコベ。コハコベ、ミドリハコベなどの種類があります。効能は利尿・歯痛・消炎など。

ホトケノザ
七草の場合はキク科の「コオニタビラコ」をさし、春に赤紫色の花をつける「ホトケノザ」とは別種の植物です。効能は健胃・食欲増進・解熱など。

スズナ
現在のカブをさし、葉の部分を用います。効能は健胃・消化促進・解熱・咳止めなど。そばかすの予防にもよいそうです。ビタミンA・C・K、カルシウム、鉄分なども豊富です。

スズシロ
現在の大根をさし、葉の部分を用います。効能は健胃・消化促進・解熱・咳止め・利尿など。ビタミンA・C、カルシウムも豊富です。

食べないといけないような気持ちになってきますね!

是非皆さんも1月7日の朝は七草粥を召し上がって、今年も一年元気に頑張りましょうね!!

もんちゃん, スタッフブログ

一言どうぞ