10.1 安蔵里de寄席がありました!

10月1日(土)朝から天気も良く、安蔵里に着くと金木犀の香りが漂っていました。見ると駐車場に大きな金木犀の木があって、たくさんの花を咲かせていました。そして、庭にはイチジクの木。ここにも熟した実がたくさんなっていて、ちぎってそのまま1つ食べてみました。ほんのり甘くて美味しかったです♪というような秋の香りを感じつつ、本日は安蔵里で寄席のイベントの準備にとりかかります。
入り口に「四代目 桂梅團治」「二代目 橘家蔵之助」の幟を立てました。これが安蔵里の景色にとても合う!いよいよ始まるんだなぁ~とワクワク感が高まります。

安蔵里の1Fにある畳のお部屋に高座を準備、いつもランチを出している場所が雰囲気を変えて舞台ができあがりました。お客様には安蔵里ではお馴染のヤーコン茶とおやつに黒糖そら豆をお配りしました。受付は時間にお客様が集中してバタついてしまい、最初の挨拶もなんだか言いたいことも上手くいえずにスタート。お囃子の音楽も約束通りに流せずに噺家さんも出るタイミングが・・・!ここは最初い出てきた梅團治さんが面白く話してくれたのですが、私は焦っておりました(涙)ハプニングもありつつ、いよいよ落語がスタート。
この雰囲気が、とっても良かったんです!!時々笑い声が響くほどの楽しい会場。皆さん楽しんでくれているなぁと思いました。


梅團治さんが1席、続いて蔵之助さんが1席、そして梅團治さん、蔵之助さんと交互に1席ずつで、全部で4つのお話しを聞くことができました。終わった後もお客さんからは「こういうイベントもっとやりたい!」「落語は初めてでしたが、楽しかったです!」「笑いましたー!!ほんとに楽しかった!」と感想を頂いて、嬉しかったです。私も落語を聞く機会を友人にいただいて、「楽しいなぁ~!」と思い、こうやってご縁があって今回「安蔵里de寄席」を実現することができました。もっとたくさんの人に落語を知るきっかけができたら、何より楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。私も大変楽しませてもらいました!!
また、機会がありましたら是非、皆さんお友達を誘ってお越しくださいね!

イベントレポート

一言どうぞ