5.29(日) 茶の湯へのお誘い 入門編

お抹茶のおもてなしを受ける機会はなかなか少ないとは思いますが、もし、そんな機会があった時にちょっとでも知識があれば・・・
どこに招待されてもお茶のいただき方、お菓子のいただき方を心得ていればより心強い!茶の湯のことを少し理解して、失礼のない作法でお抹茶をいただくことができるようになります。女っぷりがグググと上がるお茶のお作法を楽しく学びましょう!
これで、どこに呼ばれても恥ずかしくない!

「茶の湯へのお誘い」
日にち:2011年5月29日(日)
場所:伊都安蔵里 (糸島市川付882)
スケジュール:14:00~14:30  茶の湯の話
         14:30~15:15  お茶菓子・お抹茶のいただき方
         15:15~16:00  お茶室・お茶庭の話
参加料:1500円 (お抹茶2杯とお茶菓子付き)
☆お着物で参加された方はお土産付き!

今回、茶の湯について優しく教えてくれる伝え人牧井氏のプロフィール↓

牧井貞二  昭和17年12月22日生まれ 現在68歳

昭和46年 京都での庭師修行5年、当地で牧井造園を開業
昭和47年 塩田品子先生茶道塾に入門
昭和48年 表千家流の入門免状を授かる
昭和63年 雲仙旅亭半水廬の造園工事に5年間没頭
平成 3年 数寄屋建築庭園専門工事の株式会社牧井創楽庵を設立
平成 5年 表千家福岡県支部同門会に入会
平成 7年 田川邸3帖台目の席・離れ座敷を新設
平成 8年 相園邸15坪の総檜皮葺き屋根離れ客室棟の新設
平成10年 月形邸3帖台目の席・茶庭を新設
平成12年 大島邸3帖台目の席・8帖広間の席・腰掛け待合茶庭を新設
平成11年 拙宅2帖台目中板の席、8帖広間の席、腰掛け待合、外雪隠、茶庭を新設
平成15年 島田邸3帖台目の席、立札の席、腰掛け待合、母屋、栗の木の濡れ縁、
      柿葺き屋根の新設

イベント情報

コメント (1)

Trackback URL | Comments RSS Feed

  1. 大神信代 より:

    大神信代・原住真理子 2名申し込みです。

一言どうぞ